本文へスキップ

スペインCAVAの新機軸 フィンカ・バルドセラ

会社概要フィンカ・バルドセラ

ガラフでのワインを生産・・30年の歴史

 エンリック・バルドセラは1980年に彼のブドウ園が提供するユニークさから始まって、彼自身のワインやカヴァを作成することにしました。

 セラーはOlerdola(オルレドラ)の市町村で、(15世紀)で最も古い集落の一つにです。

 葡萄の栽培は、緑豊かな森に囲まれたヴィンヤードです。

 2000年には新たに新しい哲学とスタイルを取り入れました。そのことは、ワインの品質及びマシス・デル・ガラフの特徴を顕すものでした。マシス・デス・ガラフには、多くの土着品種が存在します。それらの葡萄を健全に育て上げ、上質のワインに昇華させることが、この地の”テロワール”を顕すものだと確信しています。
 現在、土壌の改善を行っています。また、生産は、CAVAに使われる伝統的技法と最新のワイン生産技術を駆使し生産に励んでいます。

このページの先頭へ

バナースペース

輸入販売元:株式会社リンクイン

〒110-0015
東京都台東区東上野6-10-5 大木ビル2F

TEL 03-5830-8828
FAX 03-5830-8838